日本郵船/郵船みらいプロジェクトの一環で学びのフェス2018夏に出展

2018年08月23日 

日本郵船は、東京都千代田区の科学技術館で8月22日に開催された「学びのフェス2018夏」に出展した。

<学びのフェス2018夏>
学びのフェス2018夏

<シミュレーターを使った操船体験コーナー>
シミュレーターを使った操船体験コーナー

展示は、シミュレーターを使って自動車船などの操船体験ができるコーナーや、エンジンキットを用いたエンジニア体験のコーナーを設けた。

操船体験コーナーでは、航海士の指導のもと子供たちが荒天の設定の中、視界が悪い、風と波でうまく曲がれない、と苦戦しながらも楽しんで大型船を操船していた。

エンジニア体験のコーナーでは、子供たちが夢中でエンジンを細かく分解しすぎた結果、機関士も真剣になり、一緒に組み立て直す姿があった。

全日本海員組合と国際船員労務協会が共同で取り組む「J-Crewプロジェクト~やっぱり海が好き~」のマスコットキャラクターも登場し、船長の制服を着用した多くの子供たちと記念撮影を行った。

学びのフェス2018夏は毎日新聞社、毎日小学生新聞、毎日メディアカフェが主催し、普段触れる機会の少ない企業などの仕事を子供たちに体験してもらうことを目的としたイベント。抽選で選ばれた約1800人の親子が37の企業や団体のブースを回り、体験授業を受けた。

最新ニュース