商船三井/東京国際コンテナターミナルで2000万TEU達成

2018年08月22日 

商船三井は8月22日、東京港の大井埠頭で運営する東京国際コンテナターミナル(TICT)のコンテナ取扱累計が8月21日に2000万TEUを達成したと発表した。

TICTが1971年11月に開業し、同年12月に欧州航路フルコンテナ船「鎌倉丸」が寄港して以来、47年目での達成となり、東京港で取扱量2000万TEU達成はTICTが初となる。

<記念セレモニー、左から、井本商運 代表取締役社長 井本隆之氏、商船三井執行役員 日野岳譲、オーシャンネットワークエクスプレスジャパン 取締役常務執行役員 安達均氏、東京都港湾局長 斎藤真人氏、東京港埠頭 代表取締役社長 平野裕司氏、宇徳社長 田邊昌宏氏>
記念セレモニー、左から、井本商運 代表取締役社長 井本隆之氏、商船三井執行役員 日野岳譲、オーシャンネットワークエクスプレスジャパン 取締役常務執行役員 安達均氏、東京都港湾局長 斎藤真人氏、東京港埠頭 代表取締役社長 平野裕司氏、宇徳社長 田邊昌宏氏

TICTは、商船三井が東京港埠頭より施設を借受け、運営するコンテナターミナル。グループ会社の宇徳が元請港運会社として荷役作業を行っている。

2001年より岸壁の耐震化と大型ガントリークレーンの導入を順次実施するなどコンテナターミナル能力の増強に努めており、貨物量の増加や寄港船舶の大型化が進む中、安定的なオペレーションを実現する体制を構築している。

当日は、東京港の港湾・埠頭管理者である東京都港湾局、東京港埠頭ならびに、累計2000万TEU目となったコンテナ所有者であるオーシャン ネットワーク エクスプレス ジャパンを招待し、記念セレモニーを開催した。

<取扱コンテナ量の推移>
取扱コンテナ量の推移

■TICT施設概要
岸壁長:684m
水深:-15m
面積:27万7200m2
最大蔵置個数:1万5550TEU
冷凍コンテナプラグ:1126Units
搬出入ゲート:18Lanes

最新ニュース

物流用語集