アルフレッサ/再生医療等製品の保管・輸送拠点、三菱倉庫に設置

2018年08月22日 

アルフレッサは8月21日、再生医療等製品の保管・輸送拠点として、「殿町再生医療流通ステーション」を設置したと発表した。

<殿町再生医療流通ステーションが入居するライフイノベーションセンター入口付近 ※写真提供:神奈川県>
殿町再生医療流通ステーションが入居するライフイノベーションセンター入口付近 ※写真提供:神奈川県

<外観 ※写真提供:神奈川>
外観 ※写真提供:神奈川

アルフレッサは、三菱倉庫と業務委託契約を締結し、神奈川県川崎市の「ライフイノベーションセンター」に入居する三菱倉庫の「殿町バイオロジスティクスセンター」内に、「殿町再生医療流通ステーション」を8月1日より設置した。

「殿町再生医療流通ステーション」は、液体窒素を用いた設備機器等で超低温(摂氏マイナス 150 度以下)の保管・輸送環境を整備し、顧客の要望に応じた保管・輸送に関する業務に対応することが可能となっている。

今後、治験製品を中心に取り扱い実績を増やしながら再生医療等製品の保管・輸送に関するノウハウをさらに蓄積し、将来的にアルフレッサグループの全国の主要拠点に同水準の再生医療等製品に適した保管施設を構築し、全国流通ネットワークを構築する予定。

■施設の概要
名称:殿町再生医療流通ステーション
所在地:神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-22
ライフイノベーションセンター
三菱倉庫「殿町バイオロジスティクスセンター」内

最新ニュース