GLP/欧州物流不動産ファンドで、40億米ドルの資金募集を完了

2018年08月21日 

GLPは8月21日、「GLPヨーロッパ・インカム・パートナーズI(GLP EIP I)」、「GLPヨーロッパ・デベロップメント・パートナーズI(GLP EDP I)」の資金募集を完了したと発表した。

このファンドには、北米、アジア、欧州および中東の政府系ファンド(SWF)、年金基金、保険会社など長期運用資金を有する機関投資家が参加している。

ファンド募集には、韓国の消防士の信用組合であるコリア・ファイア・オフィシャルズ・クレジット・ユニオン、カナダ・オンタリオ州公務員年金基金(OMERS)の不動産投資を受託するオックスフォード・プロパティーズ、同国ブリティッシュ・コロンビア州公共年金基金の不動産投資を担うクァドリアル・プロパティ・グループ、英国最大の企業年金の1つであるテスコ・ペンション・インベストメントが、GLPの新規投資家として出資をしている。

2017年12月、GLPは、欧州マーケットの先進的物流施設およびディストリビューション・パークの有力デベロッパーであるゲーズリー(Gazeley)社の買収に際し、合計40億米ドル(34億ユーロ、約4518億円)の新規ファンドを組成した。

ゲーズリー社は、英国、ドイツ、フランス、オランダの戦略的物流マーケットを中心に160万m2の稼働中のポートフォリオと140万m2の建設可能用地を保有している。

最新ニュース

物流用語集