シャープ/業務用ハンディターミナル2機種発売

2018年08月21日 

シャープは8月21日、大きくて見やすい4型液晶タッチパネルを搭載したテンキー一体型の業務用携帯端末(ハンディターミナル)2機種「RZ-H261/RZ-H262」を発売すると発表した。

<業務用携帯端末(ハンディターミナル)「RZ-H261/RZ-H262」>
業務用携帯端末(ハンディターミナル)「RZ-H261/RZ-H262」

2機種は、流通小売業の店舗や物流倉庫などで発注・在庫照会・商品管理などに使用される業務用の専用端末。液晶タッチパネルを従来機の3.7型から4型に大型化、解像度をVGA(縦600×横480ドット)からWVGA(縦800×横480ドット)に高めたことで、画面上に表示できる情報量が1.3倍以上に増大。操作パネルが一層見やすくなった。

本体幅(ディスプレイ部)を、79mmから75mmにスリム化。握りやすく、片手でのテンキー操作も容易。また、連続約30時間の長時間駆動を実現した。 営業時間の長い店舗や倉庫などでも安心して使用できる。

今回、新たにOCR機能に対応した。バーコードやQRコードはもちろん、アルファベットや数字などの文字情報の読み取りが可能。従来、目視で確認していた賞味期限などの情報も読み取れるので、在庫管理の効率化にも貢献する。

最新ニュース