ヤマト運輸/7月豪雨で2.5億円寄付

2018年08月09日 

ヤマト運輸は8月9日、「平成30年7月豪雨」の被災地の復旧・復興への支援を目的に、ヤマトグループで、総額2億5000万円を寄付すると発表した。

西日本を襲った災害が被災地の生活・産業・文化等に深刻な影響を及ぼし、国から「激甚災害」に指定されたことを受け、長年に亘り「宅急便」を育ててもらった恩返しと被災地の早期復旧・復興を目的に、特に被害の甚大な愛媛県、広島県、岡山県へ寄付することにしたもの。

■贈呈式と寄付金額
愛媛県
【贈呈式】
日時:2018年8月8日(水)14時30分~
場所:愛媛県庁(愛媛県松山市一番町4-4-2)
内容:愛媛県副知事 神野 一仁様に
ヤマト運輸 代表取締役専務執行役員
栗栖 利蔵より寄付金(目録)の贈呈
【寄付金額】5000万円

広島県
【贈呈式】
日時:2018年8月9日(木)9時45分~
場所:広島県庁(広島県広島市中区基町10-52)
内容:広島県知事 湯﨑 英彦様に
ヤマトホールディングス 取締役会長
木川 眞より寄付金(目録)の贈呈
【寄付金額】1億円

岡山県
【贈呈式】
日時:2018年8月9日(木)14時10分~
場所:岡山県庁(岡山市北区内山下2-4-6)
内容:岡山県知事 伊原木 隆太様に
ヤマトホールディングス 取締役会長
【寄付金額】1億円

最新ニュース