東部ネットワーク/4~6月の売上高3.8%減、営業利益24.3%減

2018年08月09日 

東部ネットワークが8月9日に発表した2019年3月期の第1四半期決算は、売上高30億6900万円(前年同期比3.8%減)、営業利益1億6300万円(24.3%減)、経常利益1億8300万円(21.9%減)、当期利益1億2700万円(21.1%減)となった。

貨物自動車運送事業の売上高は、関連業務の荷役・保管作業収入を含め、20億2624万1000円(4.6%減)、営業利益は6505万円(45.1%減)。

飲料輸送は、各荷主の物流合理化の推進強化により、全体の輸送受注量が縮小傾向にあることに加え、待機時間等輸送環境が生産性向上の阻害要因となり輸送量は減少し減収となった。

通期は、売上高123億3100万円(3.5%増)、営業利益7億500万円(15.7%増)、経常利益7億4000万円(7.0%増)、当期利益5億2700万円(14.2%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集