センコー、ランテック/埼玉県加須市に倉庫と危険物倉庫竣工

2018年08月09日 

センコーは8月9日、埼玉県加須市の加須PDセンター敷地内に2棟目となる「加須PDセンター2号倉庫」を竣工したと発表した。

<加須PDセンター2号倉庫外観>
加須PDセンター2号倉庫外観

<危険物倉庫棟>
危険物倉庫棟

2016年11月に開設した加須PDセンターは、圏央道の「白岡菖蒲IC」から約10㎞にあり、首都圏全域をカバーするだけでなく、東日本や西日本をつなぐ高速道路へのアクセスの良さから、物流拠点として好立地。

加須PDセンターは、約10万5000m2の敷地に、1号倉庫(地上2階建て、延床面積約4万8000m2)と今回竣工した2号倉庫(地上5階建て 倉庫部分は3階建て、延床面積約5万2000m2)と、危険物倉庫3棟(平屋建て、延床面積約3000m2)で構成しており、5棟合計の延床面積は約10万3000m2。これはセンコーグループ最大級の物流拠点となる。

2号倉庫は、常温倉庫エリア(延床面積約2万5000m2)と冷凍・冷蔵倉庫エリア(延床面積約2万7000m2)に分かれ、常温エリアをセンコーが、冷凍・冷蔵エリアをグループ会社のランテックが運営するグループ初の共同施設となる。

2号倉庫の建物両面には、78台のトラックが接車できるバースがあり、うち40台分は冷凍・冷蔵商品に対応するドックシェルターを備えている。また、ICカードによる入退室管理や監視カメラなども完備しており、セキュリティ対策も万全。

さらに、加須PDセンターでは、新たに自家発電機や給油スタンドも設けるなど、BCP(事業継続計画)に対応するとともに、5棟全てにLED照明を採用し、1号倉庫と2号倉庫の屋上には太陽光パネルを設置している。

2号倉庫内に従業員食堂を9月にオープンさせ、保育所も下期開設の準備を進めるなど、働きやすい職場環境を整えている。

■2号倉庫の概要
所在地:埼玉県加須市中ノ目7
建物構造:倉庫棟 地上5階建て(鉄骨造) ※倉庫部分は3階建て
延床面積:倉庫棟 5万1490m2
<内訳>
常温倉庫:2万4284m2
冷凍冷蔵倉庫:2万7206m2 自動倉庫あり
設備:貨物用エレベーター2基
   乗用エレベーター2基
   垂直搬送機7基

■危険物倉庫の概要
建物構造:危険物倉庫3棟 平屋建て(鉄骨造)
延床面積:危険物倉庫3棟合計 2892m2

■加須PD センター 延べ床面積5棟合計
敷地面積:10万4859m2
延床面積:10万2631m2

最新ニュース