ケービーエスクボタ/次世代物流への挑戦で講演、大阪で8月22日(無料)

2018年08月08日 

シーアールイーは8月22日、大阪で「コンテナラウンドユースオペレーションと次世代物流への挑戦」をテーマにCREフォーラムを開催する。

ケービーエスクボタで実施しているコンテナの空回送を低減策、コンテナラウンドユース(CRU)を継続推進し、更に進化を加え、安定的な二酸化炭素排出量の削減や労働力確保や渋滞緩和等、輸送環境の全体的な改善を進めている。

今回のCREフォーラムは、ケービーエスクボタの開発営業部 武山義知氏を招き実施する。

■開催概要
日時:8月24日(金)15:30~17:15(開場15:00~)
会場:イオンコンパス大阪駅前会議室
大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル15階
参加対象者:荷主・物流企業
参加費:無料
定員:60名限定 (定員数を超えた場合、申し込み期限前でも終了する場合がある)
申込期限:8月22日(水)18:00

■詳細・申し込み
https://www.logi-square.com/sh/d7de5c5ca9

■講師
ケービーエスクボタ
https://www.kbs-kubota.jp/
開発営業部 部長 兼 海外グループ長
武山 義知(たけやま よしとも)氏

米国カリフォルニア州ロサンゼルスの大学を卒業後、クボタ米国販社製品のRecord of Importerとして業務に従事、川上から通関、川下までの一貫した物流業務に長年携わり、2015年7月に帰国、クボタの物流会社、ケービーエスクボタ海外グループ配属。コンテナラウンドユースはじめ、広く発地サイド日本メインでの国際物流関連にも従事。2017年10月より開発営業部長 兼 海外グループ長。

本セミナーのポイント
・コンテナラウンドユース(CRU)の意義と必要性
・CRU継続推進による環境負荷軽減(CO2軽減など)
・今後の展開と新たな挑戦

■問合せ
シーアールイー
マーケティング室
担当:山賀幸恵 (ヤマガ)
leasing_mail@cre-jpn.com
TEL:03-5572-6604

最新ニュース

物流用語集