アルプス物流/タイに2.0万m2の物流施設着工

2018年08月08日 

アルプス物流は8月8日、タイ現地法人・アルプス・ロジスティクス(タイ)が、タイ・バンコク近郊のチャチュンサオ県バンパコンに土地を取得し、倉庫の建設に着工したと発表した。

<完成予想図>
完成予想図

竣工は 2019年5月の予定。

新倉庫は、空調設備による温度・湿度管理が可能であり、顧客のニーズの高い帯電防止、防塵対策など、アルプス物流の主要貨物である電子部品及び半導体に最適な環境を整える。

同倉庫はスワンナプーム国際空港や海運貨物の内陸デポであるラッカバンに近く、タイ国内及び国際物流の重要な拠点として運営する計画だ。

アルプス・ロジスティクス(タイ)は、ASEAN における3国目の法人として 2008年に設立。運送・保管・輸出入のワンチャンネルサービスを提供してきた。

保管事業は、レムチャバン、アユタヤ、バンナの3地区で賃借倉庫にて業容を拡大してきたが、電子部品・自動車関連部品メーカーの集積するバンナ地区にて、昨今の取扱貨物量の増加及び更なる需要の拡大が見込まれることから、倉庫を建築し、現・バンナ倉庫から移転することにしたもの。

■新倉庫の概要
名称:アルプス・ロジスティクス(タイ) バンナ倉庫(仮)
所在地:タイ王国チャチュンサオ県バンパコン郡バンサオトン
敷地面積:約3万2000m2
延床面積:約2万m2
構造:地上3階建て、RC 造
着工:2018年8月
竣工:2019年5月(予定)

最新ニュース