プロロジス/備蓄型組立式仮設トイレ採用、物流施設を地域住民の避難場所に

2018年08月08日 

プロロジスは8月8日、災害用備蓄品の一つとして、カワハラ技研の備蓄型組立式仮設トイレ「ほぼ紙トイレ」の採用を発表した。

<備蓄型組立式仮設トイレ「ほぼ紙トイレ」、組立後>
備蓄型組立式仮設トイレ「ほぼ紙トイレ」、組立後

<組立前>
組立前

<組立後室内>
組立後室内

プロロジスは現在、広大な敷地を有するプロロジスの物流施設を災害時の避難場所として地域住民にも利用できるよう、行政や地域に働きかけるとともに、災害用品の備蓄や必要とされる設備の検討を進めている。

入居カスタマーへのBCP対策の一環として、これまでも災害用品の備蓄のほか、災害時での生活用水の確保や外部への連絡手段確保など、施設における災害対策を進めてきた。

しかし、西日本豪雨災害での上下水道の破損や道路寸断による物資供給の停滞、また液状化による排水管の破損や断水の長期化などの状況を考慮して、避難所において最も大切な「命を支えるツール」の一つとされる「トイレの備蓄」に重点を置くこととし、採用に至った。

「ほぼ紙トイレ」は、上下水道や電気は不要。通常は折りたたんだ状態での備蓄が可能で場所を取らず、災害時には工具無しで、女性や子供だけでも簡単に組み立てることができる。

また、樹脂製タンクを除き、ほぼ耐水紙製であることから、使用後の焼却処分が可能。

屋内外どこにでも設置でき、携帯トイレ約1600回分に相当する。

さらに、10年以内の入れ替えが不要で、長期保存が可能、男女別、プライベートが確保できる個室洋式トイレであることなどが、採用の決め手となった。

最新ニュース