ラサール/茨城県つくばみらい市にマルチテナント型物流施設着工

2018年08月07日 

ラサール不動産投資顧問は8月7日、茨城県つくばみらい市でマルチテナント型物流施設「(仮称)新守谷物流センター」の地鎮祭を行った。

<外観パース>
外観パース

<位置図>
位置図

着工は9月1日、竣工は2019年8月9日を予定している。

施設は2階建て、延床面積3万8931m2のマルチテナント型物流施設。1階は両面バースを備え、梁下有効高7.1m、床荷重を2t/m2確保しており、多様なテナントニーズに応えることが可能。

首都圏の大消費地を目前に控え(東京都心から50km圏内)、最寄りの常磐自動車道「谷和原IC」まで約2km、常磐自動車道を経由し、主要環状道路である国道16号線へも約10kmと、首都圏広域への配送が可能な立地。

この物件の周辺には住宅エリアが広がっており、また一般車171台の収容が可能な駐車場を設置予定であることから、雇用確保に有利な立地でもある。

防災面では24時間対応の非常用発電機を設置する等、災害時のBCPを配慮した施設計画を予定している。

<ラサール不動産投資顧問の永井まり執行役員>
ラサール不動産投資顧問の永井まり執行役員

ラサール不動産投資顧問の永井まり執行役員は「この物件は、首都圏の巨大消費地へのアクセスの優位性と、雇用確保における通勤アクセスの優位性を活かし、物流効率化に大きく貢献し得る高機能な施設。各企業による物流効率化の過程で、交通利便性に優れたエリアに立地する近代的な物流施設へのニーズが高まっており、増加する物流需要を不動産の面から支えることは、マーケットの発展に寄与すると考えている。ラサール不動産投資顧問は、今後も各企業の戦略的物流拠点となる適地を見定め、テナント企業活動のニーズに柔軟に応える物流施設開発を積極的に進めていく」と 述べている。

■施設概要
所在地:茨城県つくばみらい市筒戸字馬場1114-30
敷地面積:3万4226.81m2
延床面積:3万8931.40m2
構造:鉄骨造、地上2階建
基本設計・設計監理監修:日立建設設計
基本計画・構造実施設計・監理 : コンストラクションマネージメントジャパン
設計施工:サンエス建設
施主:新守谷プロパティー特定目的会社
用途:マルチテナント型物流施設
着工:2018年9 月1日
竣工:2019年8月9 日(予定)

最新ニュース

物流用語集