日通/相撲部が全国選抜社会人相撲選手権大会で優勝

2018年08月07日 

日本通運は8月7日、石川県津幡町常設相撲場で8月5日に開催された第49回全国選抜社会人相撲選手権大会に出場し、団体戦初優勝を果たしたと発表した。

日通の相撲部が全国選抜社会人相撲選手権大会で優勝

24チームが出場した団体戦で、日通相撲部は予選を2勝7点の成績で同点決勝の末8位で通過。決勝トーナメントに進んでからは次第に動きも良くなり、準々決勝で全福岡に2-1で勝利。

準決勝では、本大会2回の優勝を誇るアイシン軽金属に2-1で競り勝ち、決勝へコマを進めた。

決勝は予選で敗れている前年優勝の和歌山県庁との対戦になったが、1-1からの大将戦の末、新人古川が下手投げで相手を下し、35年ぶり5回目の出場で団体戦初優勝を果たした。

大会では、先鋒の内山が流れを作り、中堅小山内が確実にポイントを取る、そして新人古川の勝負強さが光った内容だった。

なお、相撲部は、1959(昭和34年)に創部し、現在6名の選手が所属している。部員は業務終了後、本社地下にある道場で、次回以降も各大会での優勝を目指して稽古に励んでいる。

最新ニュース