東都水産/冷蔵倉庫と関連事業の売上高46.1%減

2018年08月06日 

東都水産が8月6日に発表した2019年3月期第1四半期決算によると、冷蔵倉庫とその他関連事業の売上高は9億円(46.1%減)、営業損失は1億1600万円(前期より1億9600万円減)となった。

売上高は、AERO TRADING社の売上高の減少と東水フーズが2018年3月31日をもって解散したこと等により、減少した。

営業損失は埼玉県魚市場の物流センター建設に伴う減価償却費の増加等によるもの。

最新ニュース

物流用語集