オリックスほか/フリーレンタルで自動搬送ロボットEVEの取扱い開始

2018年08月03日 

オリックスとオリックス・レンテックは8月3日、棚入れやピッキング作業を一部自動化できる、 ギークプラス社製「AI搭載 自動搬送ロボット EVE」(EVE)のレンタルサービスを開始したと発表した。

<EVEの走行イメージ>
EVEの走行イメージ

<ピッキングロボットEVE800>
ピッキングロボットEVE800

<使用イメージ>
使用イメージ

2018年5月よりオリックスが開発する物流施設に入居するテナントを対象に、物流ロボットを6か月間無償で提供するレンタルサービスを行っている。

サービスのラインアップに、テナントの需要が高いピッキングロボット“EVE”を加え、 このサービスでの取り扱いは7メーカー8機種となった。

仕入れ商品の陳列やピッキングは、これまで作業員による手作業に拠っていたため身体的な負荷と作業効率の低さが課題だった。

そこで商品が並ぶ専用棚の下部に潜り込み、棚自体が作業員の待つワーキングステーションまで自動で移動する機能を持つピッキングロボット“EVE”の導入により、 作業員の負担軽減が見込める。

さらに、省エネ設計により、30分の充電で10時間の稼働が可能で、手作業に比べて約3倍程度、作業効率の向上が図れる。

入荷・出荷・棚卸の各業務に合わせてワーキングディスプレイにどこの棚から商品を取るかなどの必要な情報が分かりやすく画像で表示される。

作業員は、ディスプレイの指示に従い、商品を棚から出し、LEDランプの点灯している箇所に必要数量を入れるだけの、簡単作業。

“EVE”を制御するシステムは、蓄積した商品の入出庫データを分析し、頻繁に出荷する棚は作業員の近くに自動で配置を変更するなど、常にレイアウトの最適化が図れる。

なお、物流ロボットフリーレンタルサービスは2002年から物流施設の開発を手掛けるオリックスと、2016年からロボットレンタル事業「RoboRen」を展開するオリックス・レンテックが共同で取り組むサービス。

物流業務を支援する自動搬送ロボットを中心に7メーカー、8機種を取り揃え、用途に応じてロボットを選択し、導入に必要となるシステム構築費とあわせて6か月間無償で利用することが可能。

入居スペースの有効利用方法に加えて、ロボットの具体的な活用方法や導入効果シミュレーションなどをパッケージ化して提案する。

自動化を目指す設備投資には、高額な初期投資が必要であるため、システム構築も含め気軽に導入することができるサービスとしている。

最新ニュース

物流用語集