国交省/「スマート物流サービス」の研究機関、公募開始

2018年08月03日 

国土交通省は8月3日、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期の課題「スマート物流サービス」で、サプライチェーンにおける物流・商流の生産性を向上させるための研究開発を実施するにあたり、8月3日から9月7日まで「スマート物流サービス」で実施する研究開発の研究機関を公募すると発表した。

研究開発テーマは、(A)「物流・商流データプラットフォーム」の開発、(B)「モノの動き」の見える化技術の確立、(C)「商品情報」の見える化技術の確立で、このテーマに沿った研究機関を公募する。

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、府省連携による分野横断的な取組を産学官連携で基礎研究から実用化・事業化までを見据えた一気通貫の研究開発を推進する制度。

「スマート物流サービス」では、製造・物流・販売等の事業者が連携し、個社・業界の垣根を越えて総合的にデータを利活用することで、国内外を含めたサプライチェーン全体の効率性・生産性の向上の実現を目指している。

■公募情報
https://www.pari.go.jp/about/sipbuturyu/

最新ニュース