ヤマトHD/香港の九龍湾基地で「香港保冷倉庫ライセンス」を取得

2018年08月02日 

ヤマトホールディングス傘下の雅瑪多運輸(香港)(香港ヤマト)は8月2日、九龍湾複合型施設内にある同社九龍湾基地の一部エリアで「香港保冷倉庫ライセンス」を取得し、温度管理が必要な生鮮食品やワインなどの一貫保冷輸送サービスを本格展開したと発表した。

<概要図>
概要図

香港ヤマトでは、香港で提供する保冷物流サービスの更なる品質向上を図るため、物流の内製化により自社管理を進めると同時に、顧客により安心して利用してもらうことを目的として、ライセンスを取得したもの。

九龍湾基地内での保冷商品の24時間以上の保管・仕分など全ての業務が可能となる。

例えば日本発香港行の荷物では、これまで以上に日本の保冷品質を維持したまま香港の顧客へ届けることが可能になる。

今後、日本発に限らず、海外から香港への輸入貨物に関する国際保冷物流を推進し、クール宅急便と連携することで、エンドユーザーまでの一貫保冷輸送を実現する。

■施設概要
名称:雅瑪多運輸(香港)九龍湾基地
住所:UNIT A ON FIRST FLOOR,Sunshine Kowloon Bay Cargo Centre,NO,59,Tai Yip Street,Kowloon Bay,Kowloon,HONGKONG
延床面積:約4500m2(内ライセンス対象エリア約3051m2)
主な特徴:物流拠点としてアクセスの良い香港九龍湾に立地
     3つの温度帯での保冷機能完備(冷凍、冷蔵、定温)
ロジスティクス機能と宅急便機能(仕分、配送)の複合施設

最新ニュース