JA全農インターナショナル/サプライチェーン構築で台湾に拠点開設

2018年08月01日 

JA全農子会社のJA全農インターナショナルは8月1日、日本産農畜産物を輸出しリテールまで繋がるサプライチェーンを構築するため、台湾子会社を4月27日に開設し、5月から営業を開始したと発表した。

JAグループは国産農畜産物の輸出拡大に向けた取組みを進めており、輸出重点国での販売強化のため、現行拠点の要員拡充と新規拠点の設置をすすめている。

これまで、米国、英国、そしてシンガポールに輸出拠点を設置し、米国・欧州・アジアでの輸出拡大に取り組んできたが、加えて香港・台湾に海外拠点の設置を、またタイ・中国には担当者を配置する検討を進め、今年4月に香港現地法人(全農香港事務所を併設)を設立した。

5月には全農グリーンリソース・タイに担当者を配置した。

台湾は、日本の農畜産物の輸出先では香港、米国に次ぐ第3位で、2017年の輸出総額の13.2%を占めている。

昨年9月には台湾向けの牛肉輸出も16年ぶりに解禁され、今年1~5月の台湾向けの牛肉輸出額は全体の2割を占め、今後の拡大も期待される。JAグループは今後も日本産農畜産物・加工品の輸出拡大に取り組んでいく。

■台湾子会社概要
名称:台湾全農國際
所在地:11052 台湾 台北市信義區基隆路二段51號14樓801室
業務内容:
(1)農畜産物とその加工品、食品、飲料(酒類含む)等の輸入および台湾内での営業・加工・販売ならびに第三国への輸出に関する業務
(2)上記業務を実施するための現地取引先との出資・提携に関する業務
(3)農畜産物、食品等にかかわる調査および情報提供等に関する業務

最新ニュース