アマゾン/こども霞が関見学デーに参加

2018年08月01日 

アマゾンジャパンは8月1日、文部科学省が開催する「こども霞が関見学デー」に参加したと発表した。

<こども霞が関見学デーでのアマゾンの特別授業の様子>
こども霞が関見学デーでのアマゾンの特別授業の様子

<梱包作業の授業>
梱包作業の授業

<Amazon Robotics の模型を前に>
Amazon Robotics の模型を前に

「こども霞が関見学デー」は、子供たちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会創出と、府省庁等の施策への理解の促進を目的とした政府のプログラム。

アマゾンでは、フルフィルメントセンター(FC)近隣の若者の未来を応援することを目的に、高校生を対象とした職業体験プログラム「ジョブシャドウ」や小学生向けに「フルフィルメントセンターの仕組みとAmazon Robotics を学ぶSTEM ワークショップ」などを積極的に実施しているが、それらのプログラムに着目した文部科学省からの招聘を受けて、今回の「こども霞が関見学デー」に参画した。

アマゾンは、近年、社会インフラとしての重要性が高まる物流への子供達の理解を促進することを目的として、「Amazon のフルフィルメントセンターとAmazon Robotics」をテーマにした特別授業を、小学生とその保護者合計48人を対象に実施した。国内初の「Amazon Robotics」が導入された川崎FC の責任者である梶山浩史サイトリードが講師として登壇し、アマゾンのグローバルビジネスや顧客に最高のサービスを届けるためのフルフィルメントセンターの仕組みを説明した。

次に児童達は、会場に搬入されたAmazon Robotics の模型を使用して、商品の棚出し作業、安全に作業するためのダンボールの運び方、顧客の商品を丁寧に梱包する作業の3つの体験に参加して、アマゾンの働きやすい職場環境やテクノロジーとイノベーションを学んだ。

アマゾンのFCが、近隣の学校で提供しているScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を物流に関連付けて学ぶためのSTEM 学習用プログラミング教材を用いたワークショップも行った。STEM ワークショップの時間では、児童達は、アマゾンのFire タブレットを使用してAmazon Robotics を操作するプログラミング体験に参加した。

プログラムに参加した児童からは、「なぜおうちに届くアマゾンの商品が、ちゃんと約束の時間に届くのかは、フルフィルメントセンターのお仕事がとても大事だということが分かりました。人間とロボットが協力して仕事をしているAmazon Robotics の仕組みも勉強出来て、とても夏休みの宿題の参考になりました」とのコメントがあった。

最新ニュース

物流用語集