ナビタイム/サントリーの「BOSS」とコラボ、トラックドライバー応援

2018年08月01日 

ナビタイムジャパンは8月1日、サントリー食品インターナショナルのコーヒー「BOSS」とコラボレーションすると発表した。

<コラボレーションイメージ>
コラボレーションイメージ

ナビタイムジャパンの「トラックカーナビ」の利用対象者の「トラックドライバー応援プロジェクト」として8月1日から開始した。

また、その一環として、キャンペーンで当たる「キセキのボスジャン」をテーマに、トラックドライバーを応援するWEB動画「すべてのトラックに、グットラックを。」を、同日より特設サイトで公開する。

プロジェクトでは、「トラックカーナビ」の期間限定機能として「キセキメーカー」を提供し、トラックで走った軌跡を「キセキ」として作成できる。作成した「キセキ」は、SNSでシェアできるほか、「キセキ」がプリントされた、世界にたった一つしかない「キセキのボスジャン」プレゼントに応募することが可能。

日本の物流を支えるトラックドライバーに、「お疲れさま」と「頑張ろう」を贈りたいという、「BOSS」と「NAVITIME」の思いが一つになった、世界にたった一つしかない「キセキのボスジャン」が当たる。

なお、動画では、一日の仕事を終え、営業所に戻ったトラックドライバーたちのもとに、サプライズで「キセキのボスジャン」が届けられた時の様子をドキュメントタッチで描写。それぞれが頑張った証しとなる、走った軌跡がデザインされたボスジャンを手に、うれしそうな表情で仲間たちと盛り上がるトラックドライバーの姿を通じて、「BOSS」と「NAVITIME」が共同で開発した特別なボスジャンが当たるキャンペーンのメッセージと、その応募方法を紹介する。

動画は、国内外に多数のネットワーク拠点を築く鴻池運輸と、同社に勤務するトラックドライバーの協力のもとで制作。

中でも、「ボスジャン」をサプライズでプレゼントされるトラック運転歴27年の菅井さんは、入社以来、BOSSをはじめ、サントリー製品の輸送に従事するドライバーの一人。営業所の中ではリーダー的存在で、自身がトラックを運転するだけでなく、管理者として所属ドライバー全員の徹底した安全管理に目を光らせている。

20年以上も無事故・無違反を達成しながらも、「安全なんてものはないんです。そこにあるのはいつも危険なんです」と語る菅井さん。時間通り届けて当然、事故なんてもってのほか――そんな「安全」という形のないものを追い求め続ける菅井さんを、日本中のドライバーを代表してたたえ、ねぎらいたいという思いから、今回のサプライズの対象とさせてもらったとしている。

■「BOSS×NAVITIME トラックドライバー応援プロジェクト概要」 
実施期間:2018年8月1日~9月30日
実施内容:
 スマートフォン向け「トラックカーナビ」アプリ内で特設機能「キセキメーカー」を提供。
 (走行軌跡による「キセキ」の作成、SNSなどでのシェアが可能。)
 「キセキ」をプリントした「キセキのボスジャン」を抽選で10名様にプレゼント。
 「キセキのボスジャン」をテーマに、トラックドライバーの方々を応援するWEB動画の公開。
 ロードサイド等でのグラフィック広告掲出
https://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/campaign/navitime/

最新ニュース

物流用語集