日本郵船/北海道電力の石炭専用船、「ぴりかもしり丸」に命名

2018年07月31日 

日本郵船は7月31日、北海道電力の石炭輸送用に保有・運航する予定の新造船がアイヌ語を用いた船名「ぴりかもしり丸」に決定した。

「ぴりかもしり丸」は、これまで15年以上にわたり北海道電力向けの石炭を輸送してきた日本郵船の「新札幌丸」の後継船。

北の大地の歴史や文化を築いてきた先人に敬意を表し、アイヌ語の「ぴりか(美しい)」と「もしり(大地)」を用いて名付けられた。

2019年1月に大島造船所で竣工後、オーストラリアをはじめ、世界各国からの北海道電力最大の火力発電所・苫東厚真発電所への石炭輸送に従事する。

■概要
全長:約235.00m
全幅:約43.00m
型深さ:約18.40m
載貨重量トン:約8万8886トン
造船所:大島造船所
船籍:日本
竣工予定日:2019年1月

最新ニュース