成田・羽田・関空のJALABCカウンター/Airporterの手荷物が当日受取可能に

2018年07月30日 

空港を拠点に宅配や荷物一時預かり、携帯・Wi-Fiのレンタルサービスを提供するJALエービーシーと手荷物当日配送サービスを提供するAirporterは7月30日、業務提携下と発表した。

<荷物の引取方法>
荷物の引取方法

空港において配送の窓口になっているJALABCは、全国4つの主要空港(羽田・成田・関空・中部国際)にカウンターを有し、主に日本人客を対象とした宅配事業を軸に、Wi-Fiや携帯電話のレンタル、ESTAの申請代行を展開している。

<JALABCのカウンター>
JALABCのカウンター

「インバウンド客向けの宿泊施設から空港への配送分野」で、同じ空港宅配でも、日本人とインバウンド客では、ニーズが異なっていた。

顕著に現れるのが「集荷日」で、日本人の場合、予備の着替えや日用品が家にあるので、荷造りが済んだ荷物は、まさに”オニモツ”になっていた。そのため、家に荷物があると邪魔だから「早く集荷に来て欲しい」というニーズがあった。

これに対して、インバウンド客の場合、出発の当日まで荷造りをしたいという要望があるため「”遅く”集荷に来て欲しい」というのがインバウンド客の声があり、同じ空港配送でも「前日までの集荷」と「当日集荷」という2つのニーズがあった。

「前日までの集荷」にて宅配業務を行うJALABCと「当日配送」を専門に扱うAirporterが業務提携することにより、日本人とインバウンド客のそれぞれ異なるニーズを満たすことができるようになり、空港利用者全体の利便性が大幅に向上することになる。

<JALABCのカウンター位置>
JALABCのカウンター位置

今後、Airporterは「当日受付」の「当日配送」を試験運用する予定で、Airporterでは「当日配送」を実現しているものの、配車の関係で申込みを「前日の18時」で締め切っている。

JALABCとの提携により、新たな配送網を築けるため、インバウンド客が「お部屋をチェックアウトするときに申し込む」ことが可能になる。

最新ニュース

物流用語集