国際石油開発帝石/濠LNGプロジェクト、生産開始

2018年07月30日 

国際石油開発帝石は7月30日、オーストラリア連邦のイクシスLNGプロジェクトにいて、生産井からのガス生産を開始したと発表した。

同社は、操業主体(オペレーター)としてプロジェクトパートナーと共にプロジェクトの開発作業を進めていたもので、電気機器の追加確認作業を含めた最終的な安全確認作業が完了し、生産を開始した。

<イクシス ガス・コンデンセート田のCPF(手前)とFPSO(奥)>
イクシス ガス・コンデンセート田のCPF(手前)とFPSO(奥)

生産されたガスは、沖合生産・処理施設(以下:CPF「Central Processing Facility」名称:イクシス エクスプローラー)に集められ、液体と気体に分離処理された後、液体は沖合生産・貯油
出荷施設(以下:FPSO「Floating Production, Storage and Offloading」名称:イクシス ベンチャラー)に、気体はCPFから全長約890kmのガス輸送パイプラインを経由して、オーストラリア連邦北部準州のダーウィンに位置する陸上ガス液化プラントまで輸送される。

FPSOでは液体に含まれるコンデンセートを水分等の不純物と分離してFPSO内のタンクに貯蔵した後、タンカーで出荷する。

陸上ガス液化プラントでは、不純物を除去し、ガス内に残留するコンデンセートを抽出し、ガス成分を分離・液化して液化石油ガス(LPG)と液化天然ガス(LNG)を製造して、サイト内のタンクに貯蔵したのち、順次出荷する。

プロジェクトからの生産物は、今年度上期末に向けて出荷を開始する。

最新ニュース