ASEANの加工食品市場とロジスティクスの最新事情セミナー/8月17日開催(無料)

2018年07月30日 

シーアールイー(CRE)は8月17日、「ASEANの加工食品市場とロジスティクス-最新事情」をテーマにCREフォーラムを開催する。

ASEANは、国ごとに経済規模も一人当たりGDPも大きく異なり、人口も平均年齢も人口動態も大きく異なっている。

従って食品市場の構造、商品毎に大きく異なり、きめ細やかなマーケティング戦略、ロジスティクス戦略の構築が重要。

今回のCREフォーラムでは、ASEAN主要国の加工食品市場の特徴とそれぞれの成長性の違いについて解説する。

2015年12月にASEAN経済共同体(AEC)が発足し約2年が経過したが、ASEAN市場の有望性をさらに切り拓くものとして期待されている物流関連インフラの整備が現在どのような状況になっているのか等を講演者が実際に行った現地調査で得た情報や最新の経済指標やマーケティングデータを駆使して解説する。

■開催概要
日時:8月17日(金)15:00~16:40(開場14:30~)
会場:虎ノ門ツインビルディング西棟地下1階
東京都港区虎ノ門2-10-1
参加対象者:荷主・物流企業
参加費:無料
定員:70名限定 (定員数を超えた場合、申し込み期限前でも終了する場合がある)
申込期限:8月15日(水)18:00

■詳細・申込み
https://www.logi-square.com/sh/b04ff690c1

■講師
SCMソリューションデザイン
代表 魚住和宏(うおずみ かずひろ)氏

1957年北海道生まれ。1981年筑波大学第二学群比較文化学類卒、同年味の素入社。米国駐在、インドネシア駐在を経て、グループ調達センター グローバル戦略グループ長、物流企画部専任部長、味の素物流(株)理事等を歴任。
社歴後半は、主に味の素のASEANと南米の海外法人のサプライシェーンマネジメント(SCM)改善に従事。2017年3月末に味の素・味の素物流を退職、SCMソリューションデザインを設立、SCMのコンサルタントとして活動中。

現在はシーアールイー他企業数社の顧問・アドバイザーに従事する傍ら、神奈川大学経済学部非常勤講師(「国際商取引論」「貿易コミュニケーション」)、東京海洋大学海洋工学部非常勤講師(「通関実務論」)、横浜商科大学商学部兼任講師(グローバルビジネス論)、流通経済大学流通情報学部客員講師(「食品物流」)等を務め、また日本ロジスティクスシステム協会(JILS)、日本国際フレイトフォワダーズ協会(JIFFA)等業界団体が主催するイベントでの講演、セミナーの講師等も積極的に引き受けている。
専門分野は「ASEANの食品流通」、「グローバルコミュニケーション」等
著書:「ASEANの流通と貿易」(共著 成山堂書店2016)

■問合せ
シーアールイー 
マーケティング室
担当:山賀幸恵 (ヤマガ)
leasing_mail@cre-jpn.com
TEL:03-5572-6604

最新ニュース