三菱ふそう/台湾で1万台納車

2018年07月27日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は7月27日、ダイムラー・トラック・アジア台湾( DTAT)が記念すべき1万台目のFUSOブランドのトラックを納車したと発表した。

<納車式>
納車式

台湾でのFUSOブランドの歴史は、1936年に小型バス「B46」で市場への初参入を果たして以来となる。1958年に販売網を構築して以後、台湾はインドネシアに次ぐアジア第2位の輸出市場へと成長を遂げた。

現在、FUSOブランドは台湾市場において、商用車ブランドとして25年以上にわたりトップシェアを誇っている。

台湾全土に30以上の販売・サービス拠点を展開し、70以上の直販店で車両サービスを提供するなど、その販売・サービスネットワークは、台湾市場の商用車ブランドの中で最も広範なものとなる。

DTATのディーラーネットワークは今後も拡大を続ける予定で、台湾北部の新竹市や蘆竹区には次世代の工場を建設中。

DTATは、台湾でのFUSO製品の販売活動を統合するとともに、将来の更なるカスタマーサービス向上を目指し、2016年7月に設立し2017年に操業を開始した。

同社は、MFTBCと台湾の商用車販売大手である順益貿易(Shung Ye Trading Co., Ltd.)による合弁会社で、FUSOブランドを台湾で展開する販売会社。小型・中型バスに加えて、小型・中型・大型のトラックを含めたFUSO製品全般の独占輸入・卸売を行っている。

7月25日の納車に際し、台湾・桃園市で、1万台目の納入先である國普混凝土公司(Guo Pu Concrete Industry Co. Ltd)で記念式典を開催した。DTATは、出荷5000台ごとに「幸運なお客様」を招いて記念式典を開催している。

DTAT社のジョー・ウォンCEOは「台湾は私たちが初めて参入した国際市場の1つ。1958年以来、FUSOブランドは強力なプレゼンスを築き上げながら、DTATの設立を含め、台湾での事業に専心してきた。2017年のDTAT操業開始から1万台目となる車両を大切な顧客に引き渡すことができ、大変うれしく思う」と話している。

最新ニュース

物流用語集