日本郵船/中国の自動車部品物流強化

2018年07月27日 

日本郵船は7月27日、郵船ロジスティクス、安吉汽車物流と共に出資する合弁会社が、新社名「Shanghai NYK-ANJI Logistics」として本格的にサービスを開始したと発表した。

日本郵船と郵船ロジスティクスの協業により、完成車輸送に加え、自動車部品物流を含めたサプライチェーン・ロジスティクスを幅広く展開する。

NYKANJI Car Transportationは、2004年に安吉物流51%、日本郵船49%の出資により設立された合弁会社。

これまで安吉物流の属する上海汽車グループ、その他多くの自動車メーカーに対して、中国国内で完成車輸送サービスを提供してきたが、同社が持続的な成長を続けていくため、日本郵船グループで物流事業の中核を担う郵船ロジスティクスが日本郵船の所有する株式の20%を取得し、社名をShanghai NYK-ANJI Logisticsに変更した。

日本郵船は世界最大級の自動車船隊を生かした完成車物流、郵船ロジスティクスはグローバルネットワークを生かした海上・航空輸送とコントラクト・ロジスティクス、安吉物流は中国国内の自動車産業向けの倉庫・輸配送サービス、というそれぞれの強みを持っている。

今後は3社それぞれの技術やノウハウを融合し、海外部材調達から完成車輸送、アフターマーケット部品配送に至るまで、高品質な自動車関連物流の一貫したサービスを提供し、顧客の多様なニーズに応える。

■合弁会社概要  
社名:Shanghai NYK-ANJI Logistics Co., Ltd.
住所:中国上海市宝山区
資本金:240万USD
出資比率:安吉物流51%、日本郵船29%、郵船ロジスティクス20%

最新ニュース