フェデックス/新フライトルートで日本・ベトナム間の輸送サービス向上

2018年07月25日 

フェデっクスエクスプレス(フェデックス)は7月25日、ベトナムのノイバイ国際空港と、フェデックス アジア太平洋地域ハブがある広州白雲国際空港間に新ルートを就航したと発表した。

中国・広州のアジア太平洋地域ハブは、アジア域内の貨物輸送での重要な貨物集約拠点で、広州からハノイのルート就航によって、日本とベトナム間の貨物輸送にもメリットをもたらす。

フェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)あるいは、フェデックス・インターナショナル・プライオリティ・フレイト(IPF)、フェデックス・インターナショナル・エコノミー(IE)あるいは、フェデックス・インターナショナル・エコノミー・フレイト(IEF)の全4サービスにおいて日本とベトナム間の輸送時間が1日となる。

新ルートのフライトは火曜日から金曜日に、ボーイング757型機を使用して運行する。既存のフライトと合わせると、ハノイには以前の週1日の運行から、週5日(月曜日から金曜日)の運行となり、輸送能力とスピードの向上はベトナムに関連するビジネスの発展に寄与する。

ベトナム市場は、日本企業の製品生産拠点として、また新たな消費マーケットとして注目されており、2017年の対日貿易では、輸出、輸入ともに前年比の2桁増を記録している。日本企業の進出も勢いを増し、2017年にはベトナムで新たに1816拠点が新設された。

そのうち801拠点が製造業であることからも、日本とベトナム間の物流ニーズの継続的な拡大が期待されるとしている。

フェデックス エクスプレス北太平洋地区の氏家正道担当副社長は「ベトナムに拠点を構える製造業のビジネスでは、製品の試作品、サンプルなどの輸送や生産ラインへの部品の緊急輸送、最終製品の販売市場への迅速な投入など、エクスプレス輸送のニーズがあると考えている。

ベトナムへの日本企業進出は、中小企業にも及んでいることも特徴。中小企業の顧客は、手厚い輸送準備へのサポートが必要なケースが多いことから、私どもは国内の営業体制を強化した。

積極的に顧客の声を聞き、変化するニーズに対応し、すべてのビジネス規模の顧客に最適なソリューションを提供できるよう努めている。今回の新フライトルートの就航はその取り組みの一環」と述べている。

最新ニュース

物流用語集