京東/松茸を高速鉄道×コールドチェーンで配送、注文から48時間で到着保証

2018年07月25日 

中国のEC企業の京東(JD.com)は7月、中国の高速鉄道網と京東の高度なコールドチェーンテクノロジーを組み合わせ、雲南省の貴重な松茸を顧客に提供する新たな取組をスタートした。

<高速鉄道で松茸を輸送>
高速鉄道で松茸を輸送

松茸は昆明、雲南省の高速列車の特別なストッキングエリアに積み込まれ、北京、上海、広州、武漢、南京、成都の6都市のいずれかに鉄道で運ぶ。

高速鉄道の利点を流通に活かすことで、発注後48時間以内の到着を保証する。

今回の革新的な宅配サービスでは、中国南西部の雲南省で生産される松茸を中国全土の都市への配送を可能にする。

松茸は多くの東洋料理や中国の伝統医療で使用されている希少で高価な食品で、京東はサービスとしての小売戦略(RaaS)の一貫として、プラットフォームでの個人への販売という領域を超えて、ビジネスパートナーや高級レストランなどにも松茸を供給しているという。

中国の高速鉄道は、250~350キロを超える速度で走る高速鉄道が2万キロ以上張り巡らされている。

京東がすでに高級品や時間的制約がある商品に対して実装している高速宅配サービスは、効率的な京東物流ネットワークと接続しており、中国の主要都市の高速鉄道駅構内の特別区域から顧客に直接配送している。

京東物流の配送部責任者兼、京東集団の副総裁である王輝氏は、「消費者は京東を、生鮮商品を購入する最適な手段として捉えています。今回の、中国の超高性能な高速鉄道網と京東のコールドチェーン技術の革新的な組み合わせにより、我々は今や、どこで生産されたものだろうと、生鮮食品を鮮度を保ちながら短時間で家まで配送することができる」とコメントしている。

最新ニュース