日本車輌/米工場を6年で閉鎖、敷地23万m2・建物7.3万m2は売却

2018年07月24日 

日本車輌製造は7月24日、子会社の日車USAが米国イリノイ州ロシェル工場での鉄道車両の生産を終了し、同工場を8月末に閉鎖すると発表した。

市場の動向や財務状況を踏まえ、最適な生産体制について検討を進めた結果、米国工場の閉鎖を決めた。

工場は2012年7月に開設し、規模は、敷地面積23万m2、建物面積(延床面積)7.3万m2で、生産能力は年間120両程度(ギャラリー型客車換算)だった。

なお、工場閉鎖後も、既存顧客に対するサービス等については、引き続き日車USAの子会社、NIPPONSHARYO MANUFACTURINGにおいて対応する。

最新ニュース