日通/重慶SEA&RAIL複合輸送サービスに新ルート追加

2018年07月24日 

日本通運は7月24日、日通国際物流(中国)が、2018年6月、重慶から各地を鉄道輸送と海上輸送で結ぶ複合一貫輸送サービスに、今年2月より開始した欽州経由のルートに加え、寧波を経由した新ルートの販売を開始したと発表した。

<SEA&RAIL(寧波経由)サービスルート>
SEA&RAIL(寧波経由)サービスルート

<リードタイム比較>
リードタイム比較

重慶SEA&RAILサービス(寧波経由)は、重慶から寧波までの鉄道輸送と、寧波港から日本や米州・欧州の主要港までの海上輸送を組み合わせたもの。

寧波港は世界4位のコンテナ取扱港で、航路数や入港船舶数が多いため、多様な航路選択が可能となる。

寧波は日本の主要港までの輸送日数が短いため、欽州経由に比べ、平均して5日程度のリードタイムが短縮し、重慶から東京までのリードタイムは約11日となる。

重慶SEA&RAILサービスは2月から販売を開始しており、経由地である欽州がベトナムに近いことから、東南アジア向けに多くの利用がある。通常、重慶からの海上輸送は長江を利用し内航船で上海まで輸送している。

長江の冬季渇水期や春節時期の三峡ダムの修繕工事による内航船スケジュールの影響は軽減されているが、現在でも長江を利用した内航船での輸送日数は重慶-上海間で15日前後を要している。

霧などの気象条件による影響を受け不安定になりやすい条件下で、特に日本向けに安定した輸送スケジュールを希望する顧客の要望に応えるため、今回の新ルートを開発したもの。

最新ニュース