日本郵船/横浜「うみ博」で自動車船・タグボートを1300名が体感

2018年07月23日 

日本郵船は7月23日、グループが「海洋都市横浜うみ博2018 ~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」(うみ博)に参加し、7月21日から2日間、横浜港で海運業界や船の魅力を発信するイベントを開催し、家族連れをはじめとした約1300名を超える参加者が訪れたと発表した。

<横浜大さん橋に停泊中の自動車専用船「ピスケスリーダー」>
横浜大さん橋に停泊中の自動車専用船「ピスケスリーダー」

<リーファーコンテナの展示>
リーファーコンテナの展示

<船長になりきって操船する女の子>
船長になりきって操船する女の子

<タグボートの体験乗船会>
タグボートの体験乗船会

初日には、7000台以上の自動車を積載できる巨大な自動車専用船に乗船し、操舵室・機関室・貨物室などの内部の見学会を開催した。

船内では、熟練ドライバーによる自動車の積み付けデモンストレーションのほか、自動車をフロアに固定する作業(ラッシング)やエンジン模型の分解・組み立てといった体験イベントも実施した。

船内にはさまざまな船の模型・パネルや膨張式救命いかだを展示し、岸壁ではオーシャンネットワークエクスプレスジャパンの協力によりコンテナ内を冷却したリーファーコンテナ(冷凍・冷蔵貨物の輸送に使用される特殊コンテナ)を展示するなど、さまざまな角度から子どもたちを含む多くの来場者に貨物船や船員の仕事への理解を深めてもらった。

2日目は、タグボート体験乗船会を行い、抽選で選ばれた35名が横浜港内のショートクルーズを楽しんだ。また、ステージプログラム「海の女子会」では、日本郵船社員の射手充代一等機関士が仕事のやりがいや職場環境などについて語り、多くの来場者に外航船員の仕事の魅力を紹介した。

最新ニュース

物流用語集