ヤマト、JAL/パリに日本の農水産品アンテナショップ開設

2018年07月20日 

ヤマトホールディングスと、日本航空(JAL)は7月20日、日本の生産者のフランスでの新たな販路拡大、フランスの消費者のより豊かな生活の実現に貢献するために、日本の新鮮な農水産品の輸出入手続きから、各種輸配送、現地販売までをトータルで提供するプロジェクトを開始すると発表した。

<サービス概要図>
サービス概要図

<「Le gout du Japon」ロゴデザイン>
「Le gout du Japon」ロゴデザイン

<Workshop ISSE内アンテナショップ>
Workshop ISSE内アンテナショップ

プロジェクトの第一弾として、フランス・パリで日本の農水産品の販売とテストマーケティングを行うアンテナショップ「Le gout du Japon」を、Workshop ISSE内に9月上旬(予定)より開設する。

ヤマトグループとJALが各々持つ機能を連携させ、商品の調達から日本・フランス間の輸出入及び配送、販売場所の提供、実店舗での販売までをトータルで提供することで、日本の生産者が容易にフランス・パリに輸出し販路を拡大できるサービスを提供する。

フランス国内での配送は、欧州第2位の国際エクスプレス事業を行うDPDグループに属し、フランス国内最大手のエクスプレス事業者であるクロノポスト社と連携して行う。

各々の役割は、ヤマトグループが日本国内からフランスまでの各種輸送に関わる手続き業務と商品提案(取引先の生産者・事業者や、各都道府県・国などの行政と連携)を行う。

JALは日本フランス間の航空輸送、機内誌での宣伝や機内食活用などによる販促・インバウンド喚起を行う。

これにより、日本の生産者には、国内販売取引のみでフランスでの販売が可能となる。商品について、フランスでのテストマーケティング(嗜好調査)が可能となる。

フランスの消費者には、日本からの産地直送の「旬」な食品を、自国の販売店で新鮮な状態で入手することができる。

今後、アンテナショップでの直接販売だけでなく、日本食レストランへの食材の提供や、クロノポスト社のフランス国内でのネットワークを活用し、ECで注文を受けた商品をフランスの消費者に直接お届けする等、販路の多様化を検討していく。また、将来的にはDPDグループのネットワークを活用した事業拡大を行っていくとしている。

最新ニュース