商船三井/最新鋭自動車船見学会に親子360名が参加

2018年07月18日 

商船三井は7月16日の海の日、「海と日本プロジェクト」の一環として、日本船主協会と協力し、晴海ふ頭で最新鋭自動車船「BELUGA ACE」の見学会を開催した。

<機関室で実際に機器に触れる>
機関室で実際に機器に触れる

<積み付けの妙技に感心>
積み付けの妙技に感心

<見学者でにぎわうブリッジ>
見学者でにぎわうブリッジ

見学会には、特設サイトから応募し当選した小中学生の親子約360名が参加した。

参加者は全長約200m、高さ50mの巨大な船に乗り込み、まずは大きなエンジンのある機関室で機器について説明を受け、希望者が実際に発電機の起動を体験。その後高精度な自動車の積み付けデモンストレーションを見学し、車で船内を移動。

ブリッジで船長の出迎えを受けた後、航海計器や双眼鏡に触れ、受付で配布された特製地図を片手に船長室や野菜の水耕栽培セット、プール、ラウンジなど船内の一部を自由に巡った。

また、ターミナルではこの船のペーパークラフトのワークショップを開催、子どもだけでなく大人も船の制作に夢中になっていた。

見学会には、商船三井グループの役職員約130人に加えて、船の乗組員も参加し、海運の仕事や船の果たす役割について参加者に説明した。

参加した子どもたちからは「ブリッジや機関室で普段触る事が出来ない機器に直接触れることが出来て楽しかった」「車の積み付けのスピードと車間距離に驚いた」「船員さんがかっこよく、自分も船で働きたい!」などの嬉しい声が寄せられた。

当日行われたミニ講演会のフネージョ★セミナー、「海で活躍している女性たちのお話を聞こう!」に商船三井の一等航海士、平山智子氏がパネリストの一人として登場。海を仕事場として働く魅力について語った。

最新ニュース