シチズン時計/鹿児島県日置市に新工場棟竣工

2018年07月18日 

シチズン時計マニュファクチャリングの連結子会社であるシチズン時計鹿児島は7月18日、建設を進めてきた新工場棟を竣工し、稼動を開始した。

<工場全体像>
工場全体像

<新工場棟(5号棟)>
新工場棟(5号棟)

<社員食堂>
社員食堂

新工場棟は2階建てで、シチズン時計鹿児島が5年ぶりに建設した、同敷地内の5つ目の工場棟になる。1階部分は、これまで分散していた工程や生産機械を再配置し、工場全体の生産効率を向上させる。

2階部分には従業員の働く環境の改善のため、給食設備を併設した社員食堂を新たに設けた。

社員食堂は、工場の稼動に先立ち、4月より運営を開始。既に多くの従業員が利用しており、出来たての温かい食事を取ることができると好評。

新工場棟稼働に合わせて、今後段階的に20名規模を新規採用予定。

シチズン時計鹿児島は、腕時計の心臓部であるムーブメントの基幹部品を製造する、シチズングループの重要な拠点の一つ。

■新工場棟(5号棟) 概要
名称:シチズン時計鹿児島
所在地:鹿児島県日置市東市来町湯田5839
生産品目:腕時計用部品
敷地面積:4万7947m2
延床面積:2776m2(5号棟のみ)
(1階部分2051m2、2階部分725m2)
構造:鉄骨作り一部2階立て 基礎 RC鉄筋コンクリート、2階床鋼板デッキ上にコンクリート
投資金額:約6億円
従業員数:350名 (今後段階的に20名新規採用予定)
竣工:2018年3月
稼動:2018年7月(食堂部分は4月)

最新ニュース