インフォア/ワタミのSCMプラットフォーム再構築

2018年07月18日 

インフォアジャパンは7月18日、ワタミが、独自の6次産業モデルの促進のための、海外も含むワタミグループを統括するサプライチェーン管理プラットフォームとして、インフォアの食品・飲料業界に特化したクラウドERP「Infor CloudSuite Food & Beverage」を採用したと発表した。

Infor CloudSuite Food & Beverageは、食品・飲料業界企業向けのクラウドERPスイート。信頼性の高いアマゾン ウェブ サービス上で展開し、IT初期投資を大幅に削減できるサブスクリプションモデルで提供している。

グローバル企業に必須となるマルチサイト機能や、製品レシピ管理、プロセス型生産管理、倉庫管理及びトレーサビリティへの対応、品質コンプライアンスまで食品・飲料業界に必要となる機能を予め備えている。

ワタミは、MD改革の要件として挙げていた、海外生産拠点の管理に必要なマルチサイト機能や、精度の高い生産計画立案を支援する機能、V型BOM(部品表)などの業界特化の機能が、カスタマイズなく利用できる点や、クラウドによる柔軟性や拡張性により絶えず変化するビジネス戦略に対応できる点を決め手に、Infor CloudSuite Food & Beverageの導入を決定した。加えて、優れたユーザーエクスペリエンスやグローバル標準の知見を元にした導入手法も評価している。

ワタミは今後、Infor CloudSuite Food & Beverageと製造実行管理(MES)ツール「Infor Factory Track」にて、グループを統括する生産管理を中心としたSCMプラットフォームを構築する。

SCMの効率化と経営戦略の迅速化を後押しするインフォアのSCMプラットフォームにより、6次産業モデル促進のためのMD改革を実現していく。

なお、ワタミを中核とするワタミグループは外食事業や宅食事業を中心にビジネスを展開する「食の総合企業」。ワタミが6次産業モデルを推進のために取り組んでいるのが、収益体制の強化を図る「MD(マーチャンダイジング)改革」。

ワタミはMD改革において、「使用食材の共有化」や「原材料規格や出荷規格の見直し」、「メニュー企画の統合化」など、短期的な業務の効率化と中期的な生産/物流/店舗体制の見直しを進めているがが、改革の中核となるのが「サプライチェーン管理(SCM)プラットフォームの再構築」だ。

ワタミの従来のSCMシステムは、業務の拡大に伴いカスタマイズしてきたため、MD改革のためのビジネス戦略の変更にも柔軟に対応できていなかった。

MD改革の要件に対応できる新しいSCMプラットフォームを求めていたワタミは検討を重ねた結果、インフォアの食品・飲料業界に特化したクラウドERP「Infor CloudSuite Food & Beverage」の採用を決定したもの。

最新ニュース