ヤマト運輸/超速宅急便、荷受け休止

2018年07月13日 

ヤマト運輸は7月12日、超速宅急便の輸送に利用する深夜貨物便の運休により、8月31日まで荷受けを中止すると発表した。

超速宅急便の荷受けを休止する区間と期間は、発送エリアが関東地域(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)でお届けエリアが九州地域(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)では、7月21日から8月31日までが荷受け中止となる。

また、発送エリアが関東地域(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)で、お届けエリアが北海道、沖縄県の場合、7月31日から8月31日までが荷受け中止となる。

発送エリアが北海道でお届けエリアが関東地域(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)の場合、7月31日から8月31日まで荷受け中止となる。

超速宅急便は、関東から北海道・九州・沖縄へ、北海道から関東へ、夕方までに預かった荷物を、航空機を利用し、最短で翌日午前中に届けるサービス。

最新ニュース