SGHグローバル・ジャパン/東京都の働き方改革「時差Biz」に参加

2018年07月12日 

SGHグローバル・ジャパンは7月12日、グループの企業としては初めて、東京都が主催する「時差 Biz」(実施期間:7月9日~8月10日)に参加すると発表した。

<SGHグローバル・ジャパンの「時差 Biz」勤務パターン>
SGHグローバル・ジャパンの「時差 Biz」勤務パターン

<時差Bizロゴ>
時差Bizロゴ

「時差 Biz」とは、通勤ラッシュ回避のために、通勤時間をずらす働き方改革のひとつで、満員電車を回避し、通勤時間の有効活用やプライベートの充実を図ることで、働きやすさと生産性向上を促進する取り組み。

SGH グローバル・ジャパンでは、働き方改革に積極的に取り組んでおり、これまでも「働き方わくわく会議」を定期的に開催することで、「ワークライフバランスの充実」「女性活躍の推進」「アニバーサリー休暇制度」等を実践してきた。

これまでも時差出勤や短時間勤務を推奨し、個人の事情に合わせた勤務体系を推進してきた。この取り組みを更に深化させていくことを検討した結果、東京都が主催する「時差 Biz」の活動趣旨に賛同し、参加を決定したもの。

この参画により働きやすさと生産性の更なる向上をめざし、就業時間を最大で2時間早めた 4つの勤務パターンを新たに導入、時差通勤を積極的に推奨していく。

これにより、空いた電車での通勤時間の有効活用や、早めの帰宅による趣味や家族との有意義な時間を創出し、従業員のモチベーションアップを図るとともに、社会の課題である満員電車の混雑緩和にも貢献する。

最新ニュース