郵船ロジ/マレーシアでコールドチェーンの新会社設立

2018年07月12日 

郵船ロジスティクスは7月12日、マレーシア法人のTASCO BERHAD(TASCO社)がマレーシアでコールドチェーン事業を展開する子会社 TASCO YUSEN GOLD COLD SDN BHD(TYGC社)を設立したと発表した。

<GCT社>
GCT社

<MCCL社>
MCCL社

<組織図>
組織図

マレーシア法人のTASCO社は、アセアン域内での生鮮品を含む食料品、飲料、医薬品等の品質を維持した三温度帯輸送・保管の需要の高まりを受けて、マレーシア国内でコールドチェーン事業を展開するGold Cold Transport Sdn Bhd社(GCT社)とMILS Cold Chain Logistics Sdn Bhd社 (MCCL社)を買収する契約を昨年1月に締結した。

その後、GCT社は昨年7月に、MCCL社は今年6月初旬にそれぞれの買収を完了し、今回TASCO社はコールドチェーンサービスの更なる拡大を図るため、事業を一元管理する子会社TYGC社を設立し、GCT社とMCCL社を傘下に置いた体制での運営を開始した。

GCT社はマレーシア国内のコールドチェーン業界売上第2位の規模で、約3万1000m2の冷蔵・冷凍倉庫と約200台のリーファートラックを有する、主に冷蔵・冷凍食品を扱う物流会社。

難易度の高いといわれているアイスクリームの取り扱いに関しては国内の約80%のシェアを有しており、高品質なサービスを提供している。

また、MCCL社はマレーシア国内のコールドチェーン業界売上第10位の規模。ポートケラン港のWestportに隣接したエリア内で冷蔵・冷凍倉庫(約7000m2)のオペレーションを行っている。

このエリアは全てFree Commercial Zoneで、税関や港湾局にも隣接する好立地。TASCO社はMCCL社の買収に加えて、冷蔵・冷凍倉庫(約7000m2)と同エリアの広大な敷地(約16万m2)と常温倉庫(約2万3000m2)についても、買収を完了した。

2社は共にマレーシア政府の認証機関であるマレーシア・イスラム開発局(JAKIM)から倉庫内全域でハラル認証を取得しており、同国内でのハラル食品のコールドチェーンサービスの提供が可能。

TYGC社は今後、マレーシア国内の低温物流サービスに留まることなく、郵船ロジスティクスのグローバルネットワークを生かし、海上・航空輸送でのコールドチェーンサービスを推進することで、事業拡大を図るとともに、顧客にワンストップのコールドチェーンサービスを展開していくとしている。

最新ニュース