商船三井/ロシア・ヤマルLNGプロジェクト砕氷LNG船、北極海輸送開始

2018年07月06日 

商船三井と中国遠洋海運集団(China COSCO Shipping社)の合弁会社が保有する砕氷LNG船「VLADIMIR RUSANOV」が7月6日、ロシア・ヤマル半島サベッタ港のヤマルLNG出荷基地で積荷、サベッタ港を6月25日に出航した後、北極海航路を東側に向けて航行し、ベーリング海峡に到達した。

<ベーリング海峡に到達>
ベーリング海峡に到達

この後、中国・江蘇如東港に揚荷のため向かう予定だ。

この船は、2014年7月に発表した「ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け新造LNG船3隻の造船契約を締結」の第一船であり、ヤマルLNGプロジェクトで出荷されるLNGの輸送に従事している。

今年3月下旬に輸送サービスを開始してから、これまでに4カーゴを西側に航行して欧州のLNG受入基地向けに輸送してきたが、北極海における夏の到来に伴い、初めて砕氷船の先導に頼らずに北極海航路を東側に航行し、ベーリング海峡経由、東アジアに向かう。ヤマルLNG基地から出荷されるLNGが直接東アジア向けに輸送されることは初めてとなる。

この航海は、北極圏の天然資源をスエズ運河経由に比べて航海距離を大幅に短縮できる北極海航路を通じて東アジア向けに輸送することが可能であると立証するものとなり、北極圏の天然資源開発を推進し、日本・中国を含めたアジアの天然資源輸入国の利益にも資するもの、としている。

最新ニュース