日通/日系フォワーダー初、パナマで営業開始

2018年07月06日 

日本通運は7月6日、米国日本通運がパナマの首都パナマシティにパナマ支店を開設し、7月2日から営業を開始したと発表した。

日系フォワーダ―としては、初の開設となる。

太平洋と大西洋を結ぶ運河で有名なパナマは、海路の通過点としての役割のみならず、中南米最大のコンテナ数量を取り扱う発着点としての役割も有している。

世界各国からの直行便が運航しており、特に中南米向けのハブとして機能している。

また、パナマ運河のカリブ海側に設けられた世界最大級の自由貿易区であるコロン・フリーゾーン(CFZ)は、貨物を一時輸入して関税や消費税を納付することなく保管し、再輸出を行うことが可能。パナマには日系企業も約80社が進出しており、同国を中南米への販売戦略の要衝と位置付けている。

業務内容は、中南米向けの保税在庫オペレーション業務(居住者・非居住者)、輸出入フォワーディングおよび倉庫業務、海外引越業務、中南米エリア向け物流マーケット調査と商品開発業務。

■拠点概要
名称:米国日本通運 パナマ支店
(NIPPON EXPRESS USA, INC. PANAMA BRANCH)
住所:Parque Industrial Sur, Flex 3, Oficina 12,
Panama City, Republic of Panama
TEL:+507-302-0188

最新ニュース

物流用語集