名神、新名神、山陽道、中国道/広い範囲で通行止め(7月6日16時)

2018年07月06日 

西日本高速道路(NEXCO西日本)は7月6日、大雨の影響により高速道路の通行止めが発生している。

<通行止めの可能性がある区間(7月6日16時現在)>

活発な前線による大雨の影響で、名神、新名神、山陽道、中国道をはじめとする各地の高速道路で通行止めが広がっている。

7月6日15時点の最新の予報によると、今後も8日の朝にかけても西日本地域の広い範囲で断続的に大雨が降り続くと予想されており、高速道路の通行止めが継続するとともに、範囲が広がる可能性がある。

連続降雨による土砂災害発生の恐れがあり、通行する利用者に危険が及ばないように十分安全確認を行う必要があるため、通行止め解除までに時間を要するという。

<山陽自動車道三木JCT~神戸西IC切土のり面表層流出>
山陽自動車道三木JCT~神戸西IC切土のり面表層流出

<中国自動車道吉川IC~ひょうご東条IC切土のり面表層流出>
中国自動車道吉川IC~ひょうご東条IC切土のり面表層流出

<新名神高速道路川西IC~箕面とどろみIC切土のり面表層流出>
新名神高速道路川西IC~箕面とどろみIC切土のり面表層流出

■日本道路交通情報センター(最新の交通情報)
http://www.jartic.or.jp/

最新ニュース