三菱造船/太平洋フェリー向け大型フェリー進水式

2018年07月05日 

三菱重工グループの三菱造船は7月4日、太平洋フェリー向けに建造中の大型フェリーについて、命名・進水式を行った。

<新「きたかみ」進水式>
新「きたかみ」進水式

新「きたかみ」進水式

新「きたかみ」進水式

本船は、名古屋~仙台~苫小牧 各港間の定期航路に就航する大型フェリー3隻のうち「きたかみ」の代替となるもの。

大部屋をなくしてプライバシーの確保と機能性向上を実現し、在来船名を引き継ぎ「きたかみ」と名付けられた。2019年1月の完成・引渡し後は、名古屋港に向かう。

2017年9月7日から建造し、長さ192.5m、幅27m、総トン数約1万4000トンで、8階構造の船内は、1階から5階が車両甲板でトラック166台、乗用車146台を積載できる。

6階から7階は定員535人の旅客フロアで、客室、レストラン、展望大浴場などで構成。

最上階の8階は、操舵室(ブリッジ)と乗組員用スペースとなっている。

太平洋フェリー向けの新船建造は、2011年3月に同航路に就航した「いしかり」以来8年ぶりで、同社向け累計では6隻目と。

最新ニュース