Yper/再配達をなくす置き配バッグ専用「置き配保険」開発

2018年07月05日 

物流系ITベンチャーYper(イーパー)と東京海上日動火災保険は、Yperが開発する置き配バッグOKIPPA(オキッパ)向けに、盗難保険を共同開発した。7月から約1か月、東京23区にてOKIPPAの実証実験を実施する。

<置き配保険のイメージ>
置き配保険のイメージ

今回開発した「置き配保険」は、OKIPPAバッグにて受け取った宅配物に関して、盗難保険を付保するもの。

<OKIPPAバッグ>
OKIPPAバッグ

「置き配」とは、一般的な玄関前に段ボール箱をそのまま置く形式ではなく、置き配バッグOKIPPAに預入された状態。

置き配保険は、OKIPPAアプリにてOKIPPAバッグに配送される宅配物の商品情報と配送状況を管理することにより、宅配物がバッグに預入された時点から一定時間(24時間の予定)を対象とし、「置き配」という新たな配送方法へ保険を適用可能とした。

OKIPPAバッグに預入後は、各配送会社は輸送中に宅配物に付保する運送保険とは切り離すことが可能となる。

置き配保険の適用開始はOKIPPAバッグが納品される8月末としており、一定額以上の補償に関してはアプリのプレミアム会員向け特典の一部として提供予定。

<OKIPPAバック購入者対象としたECサイトでの購入頻度>

<OKIPPAバック購入者対象とした過去1年間の再配達利用状況>

Yperでは、消費者の荷物受け取り方法の多様化を図るため、「置き配バッグ」による簡易の宅配物受け取り方法を提案しており、実際に今年4月からの先行予約販売にて2000個以上が8月下旬の納品に向け売約済みとなっている。

Yperが先行予約販売を実施したクラウドファンディングサイトMakuakeで、OKIPPAバッグ購入者1600名を対象に行なったアンケート(有効回答数436)では、約半数がバッグへの盗難保険の付帯を希望しており、同社は東京海上日動と保険の開発を進めてきた。

アンケートは、OKIPPAユーザーの約6割が週1回以上通販サイトを利用するヘビーユーザーで、OKIPPAユーザーの約3割がほぼ毎回再配達を依頼、約3割が半分以上の荷物を再配達依頼している

今後OKIPPAを普及させることで、通販サイトのヘビーユーザーを中心に再配達問題を直接解決でき、社会全体の再配達率を効果的に下げることが可能であると考えられる。

YperではOKIPPAユーザーに求められている「置き配保険」を整備することで、より多くの人にOKIPPAバッグでの「置き配」という受け取り方法を試して頂き、今後の普及に繋げる方針だ。

将来的には、OKIPPAバッグへの専用の配送網を整備して、ユーザーはOKIPPAを利用すると実質的に配送料が安くなるような仕組み作りを目指している。

■置き配バッグ「OKIPPA」 製品概要
品名:OKIPPA(バッグ・専用ロック・内鍵の3点セット)
カラー : 全1色(ネイビー)
予定販売価格: 3,980円+税
材質:本体/ポリエステル(撥水加工)、持ち手/ポリエステル
耐荷重:13kg
サイズ : バッグ使用時/約70×66cm(容量57L)、折りたたみ時/約13×13cm(厚さ5cm)

■先行予約販売サイト
https://store.okippa.life/

最新ニュース