テルモ/愛鷹工場、製品出荷遅延

2018年07月04日 

テルモは7月4日、循環器関連製品を生産する愛鷹工場(静岡県富士宮市)の一部製品で出荷遅延が発生していると発表した。

愛鷹工場の生産能力増強を進める中、滅菌工程の最適性を評価する手法において、確認すべき事項があることが判明したため、同工場における品質管理システムに従い、5月下旬に製品の出荷を一旦停止しした。

現在、同工場では評価手法の確認が済んだ製品から順次出荷を再開しており、全面的な出荷再開は8月中旬を目指している。

なお、業績、財務状態に与える影響については精査中としている。

関連記事

最新ニュース