塚腰運送/労働安全衛生マネジメントシステムISO45001の認証を取得

2018年07月03日 

京都の塚腰運送は7月3日、日本検査キューエイの審査を受けて、労働安全衛生マネジメントシステム ISO45001 の認証を国内運送業界の中で初めて取得(同社調べ)したと発表した。

ISO45001は、重大事故を減らし労働者の負傷と疫病を防ぐための仕組み。

現在、社会問題化している「人手不足」や、日本の産業界の中で小売業に次ぐ「ドライバー/作業者の高齢化」に伴う重大事故を減らすという社会的課題に真摯に向き合い、働く人だけでなく、その家族にも安心してもらえる労働環境を提供していくため、この国際規格取得に取り組んだ。

実際、過去5年間の売上高を大きく伸ばす一方で、重大事故の総件数が確実に減少している。仕事量の大幅増・人手不足や高齢化という年々厳しさを増す環境下で、事故防止に関する生産性指標が向上している状態は、審査でも特に優れた点として評価された。

塚腰運送の安全活動には、2017年より全車両(129台)に最新のトラックデジタコシステムを搭載している。旧来のものに比べてリアルタイム且つ多角的な評価(バック時3秒ルール等)が可能になり、より安全な運行サポートを実現している。

運送・物流業界において非常に大きな課題である、新人ドライバーに対する「技術の継承」を解決すべく、振動技術の見える化を図っている。

具体的には、輸送中の荷台上における貨物の状態・変化の数値化と映像化。将来的にはその技術映像をオンライン化することで、「教育する時間がない」「教育の仕方がわからない」といった業界全体が抱える課題の解決にも貢献したいとしている。

社内だけでなく、顧客や協力会社その他利害関係者が情報共有できる仕組み作りが将来的に必要だと考えている。

これは今年6月18日に発生した大阪を震源地とする地震といった、自然災害によってライフラインが停止した時にも場所を選ばずトラックの動態が確認できれば、荷主やエンドユーザーを含めたサプライチェーン全体で貨物状況を正確に把握することができ、復旧のスピードを高められると考えている。

その結果、国内産業全体の生産性を上げることにも貢献できると考えている。

最新ニュース

物流用語集