川西倉庫/埼玉県杉戸町に約1.5万m2の物流施設建設

2018年07月03日 

川西倉庫は7月2日、埼玉県北葛飾郡杉戸町に倉庫を建設し、2019年2月開業を予定していると発表した。

<完成予想図>
完成予想図

川西倉庫は2012年2月に、埼玉県加須市に関東物流センター営業所を稼働しているが、物流拠点の増設、製造工場のバックヤードとしての保管拠点、メーカー物流のアウトソーシング等、大型ニーズに対応していくには同営業所の倉庫スペースがタイトであることから、北関東地区に2拠点目となる自社倉庫の保有を決めた。

関東物流センター 杉戸営業所(仮称)は、圏央道幸手ICから4.5km、新4号バイパスから450m、茨城県と栃木県の県境に位置していることからアクセスが優れた最適な立地。

■関東物流センター 杉戸営業所(仮称)の概要
所在地:埼玉県北葛飾郡杉戸町大字100-1(杉戸屏風深輪産業団地)
敷地面積:1万3063m2
構造:RCSハイブリッド構造 耐震構造 高床式
階層:3階層 有効階高5.5m 床荷重5t/坪
倉庫面積:1万4928.1m2
倉庫仕様:1階4庫、2階5庫、3階5庫、計14庫 庫スペース 188坪~376坪
保管温度帯:定温庫15℃6庫 常温庫8庫
トラックホーム:床高1.1m、横幅120m、縦幅5m、庇幅5m
        ピロティー型海上コンテナバース5基完備
トラックバース:縦幅25m、トラック大型車両10台待機可能
主な設備:垂直搬送機4基 荷役用EV1基、ドックレベラー5基
環境配備:太陽光発電システム設置、LED照明、代替フロン

最新ニュース

物流用語集