日通/RORO船を利用したモーダルシフトで物流環境特別賞を受賞

2018年07月03日 

日本通運は7月3日、日本物流団体連合会主催の第19回物流環境大賞で、「RORO船を利用した静岡~九州間のモーダルシフト」が「物流環境特別賞」を受賞し、6月29日に同連合会の2018年度定時総会で表彰されたと発表した。

<表彰状を受け取る日通静岡支店白石支店長(右)>
表彰状を受け取る日通静岡支店白石支店長(右)

伊藤園 生産本部 静岡相良工場で生産される九州地方向け製品の輸送について、陸上輸送は日通のトレーラー、海上輸送は川崎近海汽船の清水港~大分港航路、商船三井フェリーの御前崎港~苅田港航路を、それぞれ運行するRORO船を利用して輸送を行うもので、4社が受賞した。

静岡県内から九州エリアへの長距離トラック輸送の大半を海上輸送へ切り替えることで、陸上輸送に比べて年間102tのCO2削減になること、海上輸送中はトレーラー部分のみの無人航送となるため、省人化にも繋がることが評価された。

最新ニュース