内外トランスライン/インドで物流倉庫を拡張

2018年07月03日 

内外トランスラインは7月3日、インドの現地法人NTL- LOGISTICS(INDIA)PRIVATE LIMITED(NTL INDIA)が、拠点の一つインド・セーラムで物流倉庫拡張工事を進めていたが、7月2日に竣工したと発表した。

<セーラム(Salem)倉庫の前で、内外トランスラインの常多晃社長(左)と現地法人の松浦直代表>
セーラム(Salem)倉庫の前で、内外トランスラインの常多晃社長(左)と現地法人の松浦直代表

倉庫は既存倉庫と併せ、高床倉庫(中2階部分含む)は1万4352m2となる。

インド南部の中央に位置し、主要都市を結ぶ物流のハブとなる立地、交通幹線道路沿いにあり、渋滞無くスピーディな配送が可能という。

7月から営業を開始している。

■概要
名称:セーラム(Salem)倉庫
所在地:インド共和国 セーラム市
敷地面積:1万9425m2
倉庫機能及び面積:一般倉庫拡張部分
         高床倉庫(中2階部分含む)5744m2

■NTL INDIA の概要
商号:NTL- LOGISTICS(INDIA)PRIVATE LIMITED
所在地:インド共和国 ニューデリー市
事業内容:国際貨物輸送業、倉庫業ほか
資本金:215万2000インドルピー(約348万6000円)
設立年月日:2011年1月
資本構成:内外トランスライン100%(間接所有含む)

最新ニュース