三菱ケミカル/コーティング材料値上げ、サプライチェーン全体でコスト増

2018年07月02日 

三菱ケミカルは7月2日、塗料・インキ用アクリル系コーティング材料「ダイヤナール」の一部製品について、国内出荷価格を2018年7月15日出荷分より値上げすると発表した。

一昨年以降主原料の調達価格の上昇局面が続いていることに加え、設備の修繕費用や物流費用など、サプライチェーン全体でコストが上昇している。

かかるコストアップについて、自助努力による吸収に努めてきたが、採算が一段と悪化しており、極めて厳しい状況、としている。

■概要
対象製品:塗料・インキ用アクリル樹脂「ダイヤナール」溶剤系と水系製品
改定幅:20円/kg以上
実施時期:2018年7月15日出荷分より

最新ニュース