東芝テック/自動搬送型RFIDトンネル式ゲート開発、オンワード樫山で検証

2018年06月29日 

東芝テックは6月29日、コンベア上に梱包したRFIDタグ付きの商品を置くだけで、自動搬送、検品のできる「自動搬送型RFIDトンネル式ゲート」を開発し、2018年9月より物流センターなどのさまざまな市場へ販売を開始すると発表した。

<自動搬送型RFIDトンネル式ゲート>
自動搬送型RFIDトンネル式ゲート

<ディスプレイイメージ>
ディスプレイイメージ

RFIDの導入を進めていたオンワード樫山で、さまざまなフィールド検証に協力してもらい、独自のアンテナ技術、電波の乱反射技術、遮断技術などを開発し課題を解決した。

オンワード樫山では2018年3月より習志野オペレーションセンターなど3拠点で導入している。

主な特長には、梱包状態の商品がトンネル内に入ると、独自の技術により電波が遮蔽され、近くにある他の検品対象商品を誤読することなく対象商品のみを検出する。

独自のアンテナ技術などにより、トンネル内で電波を乱反射させ、RFIDタグの隙間に電波を入れることで、読取精度を向上させた。

電波遮断技術やアンテナ技術に加え、さまざまな現場での実績によるノウハウにより高い読取精度を実現した。

通常、検品作業では対象商品の梱包を開封し、商品のバーコードタグを一つ一つ読み取るため時間がかかっていた。「自動搬送型RFIDトンネル式ゲート」は封を開けずにRFIDタグを一括で瞬時に読取るため、作業時間を(約20分の1)短縮でき、生産性の向上に貢献できる。

作業担当者には、梱包状態の商品の開閉する作業時間を短縮する。一つ一つの手作業での検品作業が軽減され、担当者の付帯作業を効率化する。絶対単品での検品が可能なため、誤検品の防止になる。

企業のメリットでは、作業担当者の付帯作業軽減、検品作業時間の短縮により、生産性向上に寄与する。RFID導入による物流運営の効率向上が図れる。RFIDでの絶対単品管理により、誤検品の防止、早期発見が可能になる。

最新ニュース